投資家・投資初心者の皆さん閲覧ありがとうございます。

貿易戦争激化から見る米国株の今後

貿易戦争 米国株

どうもmr.stockです。

貿易戦争が激化してきていますね。

以前から貿易戦争はそう簡単には終わらないと予想し、記事にしてきたmr.stockですが今後貿易戦争はどのように進んでいくのか?が気になるところですね。

今回はあくまで僕の予想になりますが、貿易戦争の今後と米国株の今後をシェアしていきたいと思います。


貿易戦争の今後

米国と中国の争いから世界に影響を与えている貿易戦争ですが、最近になってさらに激化しています。

トランプ大統領は米国株の上昇をずっと操作してきましたが、貿易戦争を早く解決しなければいつまでも懸念材料として見られるため、株価の上昇を抑制することにつながりません。

以前書いた記事では貿易戦争は昔起きた冷戦になっていると書きましたが、いよいよ冷戦が本格化してきました。

米国は香港のデモなどを利用し、中国の力を弱めようと必死ですし、中国はそれを阻止しようと必死です。

米国は中国に追加関税をかけまくって、中国が折れてくれるのを待っていますが、僕は中国が折れるとは思えないのです。

海外でビジネスしたことのある人なら分かるかもしれませんが、主張の強さはほかの国と比べると郡を抜いています。

このような国民性から、中国が貿易戦争において米国の言いなりになることは考えられません。

貿易戦争は一層他国を巻き込んで激化することが予想されます。

唯一の解決策としては米国が譲歩するしかないのではないでしょうか?

今後は電話での会談を予定しているようですが、この電話会談もほとんど進展なく終わると僕は予想しています。

今までのパターンで行くと、電話会談→トランプ大統領がいい感じに進んでいると発言→一時的に株価は上昇→実際はそうでなかった→株価下落というパターンが予想されます。

中国はファーウェイの自由を求めていますが、それが一向に解決する気配は見られません。

米国がここまで強気でいられるのも、企業が米国に工場を移転すれば雇用が生まれますし、米国が提供するサービスの信用は高く高品質であるため、そう簡単には需要は落ち込まないからです。

仮にほかの国に工場が移転したとしても中国の勢力を弱めることにつながれば問題はありません。

貿易戦争が激化することによって米国が孤立しているとニュースでは騒がれていますが、実際そんなことは今のところあり得ないでしょう。

トランプ大統領は、農産物を買えと中国に交渉していますが、そのとばっちりは今日本に来ています。

そうなれば、その他先進国に対して同じような要求をしないとも限りません。

中国が買わなければ、農産物の購入を他国に交渉材料として促せばよいだけと、トランプ大統領はいろいろと保険を用意しているように思えます。

そのため、トランプ大統領は大統領選に備えて焦っているような感じで報道されがちですが、これも間違いではないかと考えています。


貿易戦争の影響を受ける米国株の今後

米国株ですが、直近は少し下落気味です。

なぜなら貿易戦争の懸念や逆イールドカーブの発生から一時的に株価が落ち込んでいるからです。

このような要因からリセッション(景気後退)が来るのではないかと、市場では都度騒がれています。

もちろん景気がずっといい国なんてものはどこにもなく、リセッションは必ず訪れることでしょう。

そのため、問題はリセッションが訪れることではなく、いつ訪れるのか?ということです。

逆イールドカーブ発生から数年でリセッションが訪れていますが、その際の下落率はだれにもわかりません。

もしかしたら、許容範囲の下落で収まる可能性もあるため米国株の購入を一切控えることは、あまりお勧めできません。

今貿易戦争が激化していて、米国株が下がっているからと言って今後米国株が上昇しないわけではありません。

たとえ中国が成長しても、米国株は株式市場の中心になっていることに変わりはなく、これからも米国中心の市場が構成されることが大いに予想できます。

株式投資で大金持ちになった多くの投資家はリセッション時に株を購入していたということも忘れてはいけません。

米国株は貿易戦争が激化すれば激化するほど下落するでしょうが、その際に購入した投資家は後々有利な立場に立てることを意識してトレードする必要があります。

リセッションがいつどれぐらいの規模で来るのかわからない時期に投資をすることは極めて勇気のいる行為ではありますが、この時期が唯一のチャンスであるという点を覚えておく必要がありますね。


まとめ

貿易戦争は激化の道を歩んでいますが、投資家たるもの一時的な下落に踊らされてはいけません。

これから、どんどん厳しい相場になろうともまずは投資を辞めないことが米国株では重要です。

継続的に投資を続ければ、市場の拡大と共に恩恵を得られるのが米国株投資ですから、米国株の地合いの強さが図られる時期だと思っています。

まとめてリセッション入りしてから、投資するもよし積立で継続的に投資するも良し、それぞれの資金に合った投資をしていきましょう!

>最強の外国株投資家になるために

最強の外国株投資家になるために

最強の外国株投資家になるために日々奮闘中です!いろいろな情報を載せていきますが、ほかにも情報がありましたらお知らせいただけると助かります。シェアしていただけると幸いです。