投資家・投資初心者の皆さん閲覧ありがとうございます。

クレジットカードは借金!正しい毎月の利用額管理方法

クレジットカード 利用額 管理

どうもmr.stockです。

皆さんクレジットカードは所有していますか?

最近クレジットカードの支払いが遅延している人をよく見かけます。

その理由は様々ですが、クレジットカードの利用額は常に把握しておく必要がありますね。

そこで今回は実際に僕が行うクレジットカードの利用額管理方法をご紹介します。

これを実践すれば、毎月の支払いに困ることはありませんし、ましてや支払いが遅延することはありえません。

ぜひ実践してみてください。


クレジットカードの罠を理解せよ!

ではまずクレジットカードの利用額を管理するうえで、必ずしっておかなければならない罠を説明しますね。

よくクレジットカードを持っているとリボ払いという言葉を目にしたことはありませんか?

実はこのリボ払いがかなりの曲者で、内容を理解せずに使用すると借金が膨れ上がります。

僕の友達も気づいたら100万ほどの借金ができていたというのです。

リボ払いとはクレジットカードの利用額に関係なく毎月固定の金額を支払うことです。

例えば、あなたが20万円の買い物をしたとします。

普通なら支払日に20万円の請求がくるはずですが、リボ払いに変更して毎月の支払いを3万ずつにしたとすると、あなたの支払い額は毎月3万円のみで大丈夫になるのです。

一見普通の分割払いに見えますが、クレジットカードは常に利用する人が多く、あなたの利用残高は知らない間に膨れ上がって行くのです。

そして高い金利を払い続けないといけないという地獄に陥ります。

リボ払いの残高を解消するには一括で払う選択がありますが、そもそも分割を希望する人にそんなまとまったお金はありません。

お金をためてる間にどんどん金利が乗っかっていくのです。

支払いしても毎月クレジットカードを利用していれば、ほとんどの場合また支払いに困ることになるでしょう。

このリボ払いの怖さを理解せずに簡単にリボ払いにする人が多すぎます。

ちなみに僕の周りでは奥さんが使っていたリボ払いが100万以上になってしぶしぶ旦那が建て替えたパターンが2回もありました。

まだまだ隠しているだけで、旦那にバレてない奥さんもいるでしょう。逆もしかり。

ちなみに僕の奥さんも結婚前に引っかかっていました笑

僕は50万ほど代わりに支払って何日かかけてみっちり知識を叩き込みました。つらいですね笑

このようにクレジットカードの利用額と支払額はリボ払いにしていると同額にはなりません。

しかしそれがクレジットカード会社の罠であることをきちんと理解しておきましょう。

決してポイントなどに釣られないように。


毎月の利用額管理方法

では具体的なクレジットカードの利用額を把握し、自分の信用に傷をつけない方法をご紹介しましょう。

方法は至ってシンプルです。

まず、一週間に一度もしくは3日に一度クレジットカードのご利用残高、もしくはご利用残高がわからない場合は利用可能額の満額からの差額分を見てみましょう。

クレジットカードを使うなら必ず行うと良いでしょう。

そして把握したクレジットカードの利用額をすぐに口座から避けましょう。

たったのこれだけです。

そのまえに月初に必ず固定費も避けておくとのちのち把握してる利用額との誤差がでることが少ないでしょう。

当たり前のように見えて、実はやってる人は少ないのが現状です。

要はクレジットカードも使えば後々現金が減りますから引き落とし前に避けておけば良いのです。

これをするには住信SBIネット銀行のように口座内で名前をつけていろいろな用途の口座に分けれるネット銀行をメインにすると良いでしょう。

クレジットカードを現金と同じように扱うことで、残高が把握しやすくなり、延滞することなく支払うこともできますし、残高を勘違いすることもありません。

クレジットカードの利用額は遅れて反映されますから、一番早いのはご利用可能額の満額からの差額をみることです。

このクレジットカードの利用額管理方法はやらないよりかは絶対やったほうがいいので、支払いが遅れたことのある人はぜひ実践してみてください。


まとめ

クレジットカードは便利ですが、管理を怠ると大変なことになることはご理解いただけたかと思います。

支払いが遅れると、個人の信用に傷が付きローンが通りにくかったり、新たにカードを作ることができなくなる場合があります。

このような事がないように常日頃から利用額を必ず把握しておきましょう。

現在進行形でリボ払いなどの借金がある人は一度クレジットカードを破り捨てて支払いに集中したほうが身のためです。

また、子供にクレジットカードを持たせるときは必ずこのような危険なことを教えてから作らせるとよいでしょう。

でなければ、最終的にあなたに支払いが回ってくるかもしれませんよ?(怖)

>最強の外国株投資家になるために

最強の外国株投資家になるために

最強の外国株投資家になるために日々奮闘中です!いろいろな情報を載せていきますが、ほかにも情報がありましたらお知らせいただけると助かります。シェアしていただけると幸いです。