投資家・投資初心者の皆さん閲覧ありがとうございます。

FXで逆指値は邪魔か必須か?損切りのあるある

FX
FX 逆指値

どうもmr.stockです。

FXをするうえで、損切りは非常に有効な手段ですがどのタイミングで損切りする必要があるのか?は資金や相場の変化の強さにより変わります。

あらかじめ損切りラインで反対注文をいれる逆指値は多くの人に利用されていますが、実際に取引してみると急激に相場が変動した時に逆指値で損切りされてしまい、その後に急激に値を戻すことも度々起こります。

この時は逆指値は邪魔になってしまうため、FXの取引において必要ではないと考える人も多くいることでしょう。

今回はFXで逆指値は邪魔になるのか、、またまた必須なのかをシェアできればと思います。


FXで大切なのは損切りの速さ?

ではまず利益を伸ばすために必要なことを考えていきましょう。

株式の場合は損失がでようが何しようが、保有し続けることは簡単です。

なぜなら、レバレッジが最高3倍とすくないからです。

しかし、FXはどうでしょうか?

FXではレバレッジが最高25倍と株と比べると雲泥の差があります。

そのためFXでは利益を上げやすい反面、損失額が拡大しやすいと言えます。

ズルズルと損切りもせずに保有し続けると、急激な変動によりロスカットをくらうこともあるでしょう。

せっかく利益が出たのに一度の変動で利益をふっとばすのは時間の無駄ではないでしょうか?

FXの場合は確実に損切りしていくことが、最終的に利益に繋がりやすいと僕は思います。


逆指値は絶対にいれておけ!

FXで逆指値が邪魔になることは多々あります。

変動の激しい時期には幾度となく損切りされてしまい、その後値が元に戻ったときは悔しい気持ちになります。

しかし、損失が膨らんだ時点であなたの読みは外れていることも事実です。

FXではレバレッジを多くかける人も沢山いますから、もし逆指値をせずに予想が大きく外れたときは資金が一気に目減りしてしまうでしょう。

そんなことになってしまえば、やる気も失いますしお金も失います。

いくら利益をだしていても、最終的に残らなければ何の意味もないのです。

レバレッジを多くかけることにより、FXではスピードに乗った利益の積み重ねができますが、リスクがかなり高くなるのでやはり逆指値は必須といえるでしょう。

僕も過去に逆指値を入れずに利益を出していましたが、北朝鮮問題により寝ている間にロスカットをくらったことがありました。

それまでFXで積み重ねた利益が数時間でふっとんだのです。

その時いくら相場がいいからといって逆指値を入れずに取引するとすべてが無駄になることを勉強しました。

勉強代としては高すぎましたけどね笑

そこからは逆指値を自動でいれるように設定することで、利益は着々と増えています。

たまに何度も予想をはずし、逆指値で決済されてしまうことがありますが、トータルでみると利益をだせるので問題ありません。


FXで逆指値の値幅は変えるな!

逆指値の重要性はわかっていただけたかと思いますが、たまに相場に自信があるときは逆指値の値幅を変更したくなります。

しかし、それでは逆指値をいれている意味がなくコンスタントに利益を積み重なることは難しくなります。

なぜなら、逆指値の値幅を一度変更するとどんどん値幅が広くなり損切りが遅れるからです。

最終的には逆指値注文を取り消すということになりかねないので、一度値幅を決めたら変えないことが大切です。

勝っても負けても諦めることが肝心であると取引していくごとに思います。

FXでは重要指標で大きく動きますが、その時勝負に出るときも必ずあらかじめ決めておいた逆指値の値幅で勝負しましょう。

ちなみに僕は20pipsで設定しています。

値幅が少ないようにみえますが、僕としては丁度いい水準で損切りできるので、損切りは早めに設定しています。


損切りのあるある

損切りのあるあるを載せておきますね。

多分経験したことのある人も多いんじゃないかなと思うものをピックアップします。

寝ている間にロスカット

これはどうどうの1位ではないでしょうか?

寝ている間が一番危険!特にアメリカ時間で半端じゃないくらい損することも・・・

戻ると思って継続保有したらさらに損失拡大

相場の流れが急に変動したときにおこりやすい現象ですね。

少しの損失ならと数日保有したら半端じゃないくらい損失が膨らむのはFXのあるあるです。

自分が買えば下がり、売れば上がる

継続して取引していると連続して負ける時がありますが、まさにこれです。

自分が上がると思って買ったらその瞬間に暴落し、損切りして売ったら底だったというパターンは逆指値を入れていなければ結構やばいかも??

重要指標発表で予想に反して動き、すぐに戻る

重要指標の発表はお祭りになるので、いきなりおかしな方向に動くこともしばしば・・・

予想と反して窓を開けて動いた後に、損切りをしたらそのあとすぐに値を戻すというパターンは重要指標のあるあるです。


まとめ

FXにおいて逆指値は邪魔か必須か?ということですが、僕は必須だと思っています。

レバレッジを多めにかけている人は特に必須になるかと思います。

僕はちまちま儲けたくないのでFXでは20倍くらいのレバレッジをかけて取引しているので利益も大きい反面、損切りが遅れたら恐怖です笑

皆さんも常に逆指値を入れて一度トレードしてみることをおすすめします。

ちなみに逆指値を自動で注文してくれない業者を使っている人にはDMM FXがおすすめですよ。

僕も最近使い始めてからは、忘れることなく逆指値を入れることができるので何度か助かっています笑

アプリもめちゃくちゃ分かりやすいのでおすすめです。

>最強の外国株投資家になるために

最強の外国株投資家になるために

最強の外国株投資家になるために日々奮闘中です!いろいろな情報を載せていきますが、ほかにも情報がありましたらお知らせいただけると助かります。シェアしていただけると幸いです。