投資家・投資初心者の皆さん閲覧ありがとうございます。

株とFXどっちがいい?それぞれのメリットとデメリット

FX
株 FX メリット デメリット

どうもmr.stockです。

さあさあ決着が着くのに一生かかりそうな話題持ってきました。

それは株とFX実際どっちがいいのか問題。。。

株派はFXなんて危険と言いFX派は株なんて儲からないと言う。

果たしてこの問題は解決するのかどうか分かりませんが、株だけと思いきやFXもしてるmr.stockがそれぞれのメリットとデメリットを熱く語らせていただきましょう。


株のメリット

ではまず株から語らせていただきましょう。

株のメリットとしてはいくつかあるのですが、今回はFXと比べて良いところを並べたいと思います。


企業だけの成績を重視できる

株のメリットとして1番でかいなと思ったのはこの部分です。

FXでは株と違い要人発言が結構もろに影響してきます。

そのため、いろいろな情報を素早く手に入れなければいけません。

株は要人発言もある程度影響しますが、ほとんどは企業の業績が株価に反映されるため、FXに比べて情報の取りこぼしがすくないと言えるでしょう。

情報を自分で体験できる

株は企業ですから、実際にサービスや商品を自分で体験することができます。

実際に自分で体験してみて、企業の未来予測にも繋がりますし、フェイクニュースにも騙されることがないのは株の大きなメリットといえるでしょう。

FXはすべて電子の世界ですから、今日はドル円を体験しにいこうなんてことはできませんよね。

株ではそういった体験を通して小さな情報まで手に入れることができます。

安定した株価の安定した配当を狙える

株にはディフェンシブ銘柄というものがあり、不況に強い銘柄がたくさん存在します。

こういったディフェンシブ銘柄は株価が安定しているため、安定した株価の安定した配当を狙うことができるのは株のメリットだと言えます。

FXではスワップポイントが貰えますが、株ほど安定した値動きではないため、安定した値動きを求める人には不向きかと思います。

資産を守り、配当のような持つだけでお金が貰えるものを狙うなら株の方が優れていると言えます。


株価のデメリット

では次に株のデメリットを上げていきます。

こちらもFXと比べて違う部分を抜き取りました。

メリットだけでなくデメリットも理解しましょう!


レバレッジがあまりかけられない

株のデメリットとしてFXよりも一番劣る部分としてはレバレッジを多くかけることができないということです。

FXでは現在25倍までのレバレッジをかけることができますが、株では3倍までとなっています。

ですので出せる利益にも限度があります。

大幅な利益を短期間で出すには株は少し難しいものとなってくるでしょう。

株価の操作がされやすい

株では取引量が少ないものと多いものがありますが、基本的に取引量が極端に少ない銘柄は株価を操作されやすくなります。

個人レベルの買いが入っただけで株価が動いてしまいますからこういった株価操作に騙されやすいのは株のデメリットだといえます。

そういった銘柄に飛び込んでしまえば高値になった後に一気に売り抜けられる可能性も出てきますから要注意です。


FXのメリット

では次にFXのメリットについて説明します。

FXは株と大きく違う特徴を持っていますから、それをうまく活用して利益を上げるとよいでしょう。


レバレッジを25倍までかけれる

先ほど株のデメリットでもお話ししましたが、FXの最大のメリットはレバレッジを25倍までかけられるということです。

その分損失額も25倍になる事を意識して、うまく活用すれば短期間で大きな利益を上げることができます。

また、値動きが少ない時はレバレッジを上げることで利益を調整できることもメリットとなるでしょう。

リスク管理に気をつけておけば短期的なパフォーマンスは株を上回ることが多いでしょう。

値動きに騙しが少ない

FXは全世界で取引されていますから、株と違い値動きに騙しが入ることが極めて少ないといえるでしょう。

個人投資家が買いを入れたところで、価値に影響を与えません。

FXでは個人ではなく全投資家の心理状態が反映されますから、トレンドもどちらかというと株よりもはっきりしています。

株の仕手株によく騙される人はFXだとそういった心配がないのでいいかもしれませんね。

形勢逆転がたびたびある

FXのメリットとして株をやってて思うことは、株では市場の時間が強く制限されているので、その日下がればなかなか戻すことはありません。

しかしFXでは日本時間以外にもその他外国の時間帯が重なることで、それまでマイナスだった分が一気にプラスに転換することがよくあります。

国によっての考え方の違いやその時間の要人発言によって大きくトレンドが変わるので、以外にも損失が出づらい印象です。

これはFXならではのメリットだなと思います。


FXのデメリット

次にFXのデメリットについてお話しします。

FXも株と同じくメリットがあればデメリットもあります。

それらを理解して、より良い取引につなげましょう。


持ち越しが結構危険

FXはほぼ24時間取引できますから、その分動く時間が株よりも長いことが特徴です。

そのため、外国の取引時間が始まって自分は安心して寝ていると何か起きた時には大損害を食らってることがよくあります。

寝て起きたら資産が半分だったなんてことはFXでは日常茶飯事に起きているということです。

あまりレバレッジをかけて寝てしまうと少々痛い目に合う確率は上がるといえるでしょう。

情報が飛び交っていて把握しづらい

株では下がる要素の大半が企業の業績や不祥事ですが、FXでは全世界の要人発言が下がる要素となってしまうことが多く、この発言を見逃すと損失を出してしまうことは多々あります。

急に下落が始まった原因がわかりづらいですし、何か突発的な悪いことが起きてもそれをすべて把握することは難しいでしょう。

いかに早いニュースでもそれが正しいかどうかを判断する時間はあまりなく急にトレンドが変わるので情報の把握は株よりも難しくデメリットとなります。

確定申告が必要

これは普段から確定申告している人にはデメリットにはなりませんが、株は自動的に税金を決済時に支払ってくれますが、FXでは自分で確定申告をする必要があります。

少々めんどくさいですが、年に一回なのでデメリットとしては小さなものであるといえます。


まとめ

いかがでしたか?

株とFXのメリットとデメリットを僕なりにまとめてみましたが、なんにでもデメリットはありますから、どちらがいいのかはなかなか分かるものではありません。

もしどっちかに絞りたいのならば、どちらも試してみて自分の性格やライフスタイルに合っているものを選ぶとよいでしょう。

>最強の外国株投資家になるために

最強の外国株投資家になるために

最強の外国株投資家になるために日々奮闘中です!いろいろな情報を載せていきますが、ほかにも情報がありましたらお知らせいただけると助かります。シェアしていただけると幸いです。