投資家・投資初心者の皆さん閲覧ありがとうございます。

株式投資に必要な最低限の金額はいくら?

株式投資 必要 金額

どうもmr.stockです。

世の中には様々な投資がありますが、よく資産運用初心者が疑問に思っているのが実際投資に必要なお金はいくら必要なのか?ということではないでしょうか?

もちろん資産をもともと持っている人やコツコツ貯金してお金がある人にはこういった悩みはないかとは思いますが、若い世代の大半は数百万持っている人は少なく、大体数十万で投資をしたいと思っている人もいます。

今回は株式投資に最低限必要な金額について皆さんにシェアできればと思います。


株式投資はいくらでも始められるが・・・

では実際株式投資を始めるためには具体的にどれくらいの金額が必要なのかということになりますが、実際いくらでも始めることができます。

数千円から数万円あれば始められるのが現実です。

今では直接個別株に投資せずとも投資信託などを介して少額での積み立て投資ができるからです。

しかし、数千円や数万円を投資したところでほとんど資産に変化はないでしょう。

むしろ投資をせず、日々の生活費を抑えて貯金したほうがお金は増えていきます。

本気で株式投資で利益を上げたいのであれば、こういった数千円や数万円での取引を考えるよりも生活を見直すことに力を入れることのほうがよっぽど重要です。

そうすれば毎月投資額を増やすことができますからね。


最低限必要なお金は100万??

よく言われるのは100万円ほどの金額があれば株式投資は始められるということです。

もちろん100万円を持っていれば株式投資は始めることができますし、個別株もある程度の銘柄を購入することができます。

しかし、株式投資を始めることが目的ではないはずです。

株式投資を始める前に必ずしなければならないことは、最終的にいくらの資産を投資で築き上げたいのか?という将来プランを明確にすることです。

それによって必要な資金も変わってきますし、積み立て投資であれば毎月の最低限必要な投資額も算出することができます。

もちろんすべてうまくいくことはないので計画してもその通りに行かないことがほとんどです。

しかし始める前に明確にしなければ、目標到達も難しいでしょう。

100万円を10倍にしたいのなら、それなりにレバレッジをかけなければいけませんし、レバレッジをかけたらリスクも大きくなります。

株式投資にかけられるリスク許容度によって、株式投資に必要なお金は人によって異なるということになります。

そのため、あなたが1億円を目標にするのであれば、100万ほどの金額ではなかなか到達することはないかと思います。

株式投資で最低限必要な金額はリスク許容度と目標額によって自分で決めていきましょう。


実際に100万円で株式投資を始めて思ったこと

僕は最初株式投資を始めた時は100万円ほどの資金からスタートしました。

信用取引なども使ってすぐに120万ほどにはなりましたが、それでも株式投資で100万円を数千万に増やすことはかなりの難易度であることがわかりました。

そのころは初心者ですから、相場の勢いに乗るだけで利益は出せたのですが、相場が安定してきたりするとなかなか利益を上げることは難しくなってきます。

トレンドのはっきりしない相場ほど難しいものです。

株式投資で最低100万円あればすぐに増えるだろうと考えていましたが、実際にやってみるとそんなことはありません。

僕は将来貯金とは別で株式投資だけで2億ほど作りたいので、100万円では全然投資金額が足りないのです。

株式投資に最低限必要なお金が10万円という人もいますが、これは明らかに僕の目標には不相応の金額であることは間違いありません。

そこで今では年間最低でも120万は貯金と別に投資に回しているので、リターンの額も年々多くなっています。

40手前までには数千万のお金を株式投資に回せたらと考えています。

数百円や数千円でちまちま投資するよりも最初から大きめの投資金額を用意したほうがよかったなと思いました。


まとめ

株式投資に最低限必要な金額は、それぞれのリスク許容度や目標を設定して算出しましょう。

多ければ多いほど良いといっても過言ではありません。

一番大事なことは、子供の教育資金などの必ず必要なお金はよけておくことです。

それさえ守れば、少額で投資するも大金で勝負に出るもあなた次第です。

若くてお金があまりないし、子供もいない人は株式投資に全額突っ込んでもいいと僕は思いますよ。

>最強の外国株投資家になるために

最強の外国株投資家になるために

最強の外国株投資家になるために日々奮闘中です!いろいろな情報を載せていきますが、ほかにも情報がありましたらお知らせいただけると助かります。シェアしていただけると幸いです。