投資家・投資初心者の皆さん閲覧ありがとうございます。

長期投資で大切な競争優位性について

皆さん長期投資頑張ってますか?

長期投資頑張ってます!という方は長期投資は頑張るものではないと言う事に気づきましょう!笑

さて今回は長期投資で何も頑張らずに利益を上げるために行う銘柄選択についてお話します。

長期投資で最も大切な要素は競争優位性

競争優位性とはそもそも何なのかと疑問に思う方もいらっしゃるかと思います。

例えばあなたが投資を考えている企業が家電を製造販売している会社だとします。

さて家電を製造販売する会社に投資して生涯その企業が利益を上げ続けてくれるでしょうか?

答えはNOです。

なぜなら家電はたくさんの企業が参入してますし、はやりの家電は毎年コロコロ変わっていきます。

さらに開発費もたくさん必要となり、開発したはいいもののユーザーが満足できなければ売れません。

また、売れても他の企業に真似されて終わりです。

しかし、家電の中でもダイソンはどうでしょう?

非常にデザイン性の高い家電をたくみな宣伝で高値で販売しています。

実際どこにでもあるような機能の家電でもデザインに非常に力を入れており、宣伝からもハイテク感やデザイン性が伝わってきますよね。

アップルも同じです。

実際アンドロイド端末には劣る機能性ですが、デザインやイメージ戦略がうまいのでユーザーは高いお金を出してでもアイフォンを欲しがります。

これが競争優位性です。

長い間利益をあげている企業は必ず他に真似できないイメージや強みをもっているのです。

新規にビジネスを立ち上げてもダイソンやアップルと張り合おうなんて思わないですよね?

同じような物でも同じ立ち位置になることはかなり難しいということです。

競争優位性は企業価値を見極めるために必須になってきますので、長期投資ではこの競争優位性を見誤ると大変なことになります。

もちろんダイソンに未来があるかと言われれば、全体的なビジネスとして家電である以上、いつかライバルが現れてもおかしくないと思っています。

ライバル企業が少なく、参入しにくい企業を選ぶ!

競争優位性はとにかくライバル企業が現れにくいかどうかを先に考える必要があります。

例えば今ZOOMのようなリモートワークに不可欠な企業ですが、このような企業に競争優位性はありません。

なぜなら、昔からスカイプは存在していますし、今コロナで注目されているだけで生涯使い続けられるとは考えにくいからです。

また、スカイプからZOOMに移ったようにこういったビジネスは真似されやすく流行りがあります。

そのため、生涯ZOOMが残り続けるとは考えにくいのです。

ではフェラーリはどうでしょう?

フェラーリはどの世代の人も知っている高級車ですが、フェラーリの立ち位置に他のメーカーがなるとは考えにくいですよね?

誰しもが、スーパーカーといえばフェラーリを想像してしまうくらいフェラーリは人の心に染み付いています。

また限定車などは出せばすぐに完売し、みんなが奪い合っている状態です。

このような状態が長い間続いているフェラーリは競争優位性という面では非常に強いということです。

もちろん利益を出している企業が大前提ですが、競争優位性のある参入しにくい業種であることも長期投資には大切な要素になるので必ず考えて投資するようにしましょう。

>最強の外国株投資家になるために

最強の外国株投資家になるために

最強の外国株投資家になるために日々奮闘中です!いろいろな情報を載せていきますが、ほかにも情報がありましたらお知らせいただけると助かります。シェアしていただけると幸いです。