投資家・投資初心者の皆さん閲覧ありがとうございます。

ナンピンでうまく儲ける方法と危険なナンピン

ナンピン 危険

どうもmr.stockです。

相場が自分の思った方向とは逆に動いたとき、みなさんならナンピンしますか?

ナンピンとは含み損を抱えてしまったときにさらに追加で同じものに同じ方法で投資することをいいます。

ほとんどは、自分の予想が正しいと感じる場合にすることが多いでしょう。

ナンピンは危険であると世の中では呟かれていますが、実際そんなことはありません。

場合によっては大きく儲けることができるからです。

しかし、儲けやすいナンピンと危険なナンピンを知っておく必要があるでしょう。

今回はそんなナンピンについて皆さんにシェアしたいと思います。


ナンピンは長期投資の買いのみで使え

デイトレなどで、ナンピンをしている人を多く見かけますが、それは儲かるどころか自分の勝率を下げるだけです。

ランダムに動く一日の株価を予想することは困難であり、デイトレの場合ははずれたら損切りすることが基本であるからです。

企業の成長は一日では不可能なため、動きを読めるわけがありません。読めるのは神様だけです。

もし、読めていると勘違いしているなら今のうちに下界に降りて考え直したほうが良いでしょう。

動きが激しい株の一日の動きを追うデイトレではナンピンは損失拡大の要素となりかねません。

そのため、企業価値を読み解く長期投資にだけナンピンは通用します。

長期投資では細かい数字は気にしないですし、なおかつ安くなった株を買うことは長期投資の基本だからです。

デイトレのように、一日で何回も売買を繰り返すものに企業価値は関係ありません。

デイトレにナンピンをする根拠はどこにもないのです。

それゆえナンピンは危険なイメージがついてしまいます。

また、ナンピンで大事なことは売りではなく、買いで勝負することです。

企業価値に投資をする長期投資では、そもそも売りの選択肢は入りません。

しっかりとした企業価値のある物だけに投資をしていればナンピンが危険となることはほとんどないのです。

下がったところで買うことを繰り返すことが株の基本でもありますから、「ナンピンが危険」という考え方は矛盾しています。

長期投資で利益を出したいなら「ナンピンは危険」という考えを改めるべきだといえるでしょう。


ナンピン買いで損する人の特徴

ナンピンすることが長期投資では基本であることをお話ししましたが、一部やばいナンピンをして大損して損切りしている人を見かけます。

長期投資であってもそもそも企業のビジョンを明確に考えることができなければ、ナンピンは損失の原因にしかなりません。

そのような人の大半は投資初心者であるか、ノリで投資してしまう人です。

特にノリで投資してしまう人のナンピンは危険です。

赤字の企業が復活すると信じて投資したり、損失を補填するために相場の流れに逆らって投資をする人がそれにあたります。

このような投資はただの希望であることを理解する必要があります。

どれだけ願っても赤字の企業が改善するまでには時間がかかりますし、そもそも消えてなくなる可能性もあるわけです。

もちろん赤字から黒字になって利益を上げていけば、ナンピン分大きく儲けることができるでしょう。

しかしリスクがあまりにも高すぎますし、結果論よかっただけでどっちに転んでもおかしくない状態であることは分かっておくべきです。

黒字に転換した理由やサービスに将来性を感じるなら、その時に投資をしてもぜんぜん遅くはないのです。

赤字企業への投資やナンピンは基本的に危険なのでやめておきましょう。

また、調べもせずに何となくで投資してしまう人は特にナンピンには気を付けるべきだと思います。

日常化してしまうと、危険な状態を自ら作り出してしまう負の連鎖に巻き込まれてしまいます。

当たり前なことですが、意外とできていない人はたくさんいるのでもう一度自分を見つめなおす機会を作ってみるとよいでしょう。


資金に余裕を持たせてナンピンできる状態を作る

特に相場が下落方面に転換しているときは、資金に余裕を持たせておく必要があります。

なぜならより安い金額で大量のナンピン買いを入れることができるからです。

株価はずっと上り調子ではありません。

必ずどこかで下落をはさみながら上昇していきますから、うまくこの下落時に多くの資金を投入することができればあなたは幸運です。

そうするためにはまずは「ナンピンが危険」という考え方を捨てて、安い時期により多くのお金を投入することに徹しましょう。

この下落時期を見極めるのは大変難しいことですが、世界情勢が不安定になれば必ずこの時期が来るのです。

問題はその下落の大きさです。

誰も予想することができないので、個人の感覚で取引しなければなりません。

いずれにしろ、将来のある企業であれば下落時期に大量購入できるだけでラッキーでしょう。

そのナンピンした分が数十年後には大きな利益となって帰ってくるからです。

そのため、過度な上昇時期には投資は控えて下落時期が来るまで資金をたっぷりと蓄えておきましょう。


まとめ

ナンピンは危険な行為だというブログや本がちらちら見かけるので、今回はナンピンについてお話ししました。

投資は安値で仕入れて高く売ることだけを考えれば、ナンピンはそれにしっかり当てはまる取引法だと思っています。

誰しもがほしいものを安く手に入れることで、利益は生まれるのです。

そのことを今回の記事を通して伝えたいなと思いました。

これから暴落がいつ来るか分かりませんが、その時は大チャンスだと思って取引してみてくださいね。

>最強の外国株投資家になるために

最強の外国株投資家になるために

最強の外国株投資家になるために日々奮闘中です!いろいろな情報を載せていきますが、ほかにも情報がありましたらお知らせいただけると助かります。シェアしていただけると幸いです。