投資家・投資初心者の皆さん閲覧ありがとうございます。

専業主婦が旦那を説得して投資する方法

専業主婦 投資

どうもmr.stockです。

我が家では基本的に投資は僕が管理していますが、生まれて間もない子供が幼稚園に行き始めたら、専業主婦である妻にも投資をたっぷり教えて自分で管理させる予定です。

日本では投資と聞くと少し悪い印象を与えてしまうかもしれませんが、投資は生活の一部だと僕は考えています。

そのため、現在は専業主婦である妻にもちょこちょこ投資について教えている途中です。

本人としてもまだ、投資意欲はわかないものの少しづつ理解していっているように思います。

さて、世の中の投資をしていない系男子は専業主婦の妻が投資をしたいといってもよっぽど心が広くないと「危ないからやめたほうがいい」と反対することでしょう。

今回は投資をしたいけど旦那に反対される専業主婦の人に救いの手を差し伸べるべく記事をシェアしたいと思います。


投資をしたいと強く言っても無駄になるだけ

そもそも世の中の旦那は専業主婦が投資をしたいというと想像することはただ一つ。

それは「どっからお金を用意する?」ということです。

そもそも専業主婦ということは収入は旦那の給料かお小遣いとなります。

そのため、たくさんの投資金を用意することは極めて交渉がうまくなければできないでしょう。

旦那が投資をしているならともかく、投資をしていない旦那に「投資をしたいから生活費からお金を使っていいか」と聞いても反対されるのが落ちだと思います。

特に亭主関白質な旦那には、言っても無駄です。

投資をしたいと言えば言う程、反対は強まることでしょう。

かといって専業主婦が内緒でお金を投資に振り分けるのもナンセンスです。

なぜなら、共同の資産であるにもかかわらず内緒ですることは道徳に反します。

さらに失敗したときには、旦那に攻められ離婚の選択肢を与えてしまうことになるからです。

そんなことになってしまえば、専業主婦に収入はない場合がほとんどですから生活が困難になることは予想できます。

ですので、共同のお金で投資するときは必ず旦那を説得して、運用報告まできちんと行いましょう。

また、失敗談として投資で負けたお金を補填するために借金する専業主婦の人も多いですが、これだけは絶対にしてはいけません。

投資はあくまで最悪消えてもやり直せる範囲で行うことが重要です。

人生を豊かにするために始めた投資で、人生を終わらせる方向へ向かうのはやめましょう。


旦那を説得して言い聞かせる方法

では具体的にどのようにして専業主婦が投資をするために旦那を説得すればいいのか?ということになりますが、これはいたって簡単です。

具体的なお金のプランを明確にして、現実を突きつける。

そして夢を与えることです。

投資をしていない旦那の大半は、お金のプランを明確にしていないことでしょう。

そこでその唯一の欠点を突きます。

生活プランの作成で具体的な金額を出す

今後同じように生活した場合のプランをまずは作成しましょう。

このプランを本気でやらないと、真剣度をみせることもできませんし現実を突きつけることは不可能です。

具体的に年齢別で必要な生活費や医療費、教育費などを計算する必要があります。

年齢によって得られる収入や、支出は大きく変わります。

例えば、毎月〇万円貯金できるから将来これくらいしか残らない!というのは専業主婦としてもどうかと思いますし、説得するには不十分すぎます。

いつ・どこで・どのようにお金を出す必要なのかをきちんとプランに組み込みましょう。

例えば、この時期は子供の教育費で約○○万円一括で学校に振り込む必要がある。などです。もっと細かく言えば、留学することを仮定すればこの時期に○○万円必要等も十分あり得ることを仮定しているので組み込むとよいでしょう。

言い方は悪いですが、どうしても専業主婦はお金の面で収入がない分弱い立場になりがちであると思います。

その分家計を見直す術を完璧に身に着けることで説得力は全然違います。

説得したいなら旦那が気づかない支出まで、気づくように心がけましょう。

支出の無駄使いを無くして貢献する

生活プランの作成が終わったら無駄遣いしている箇所が明確に表に出てくるはずです。

まずはそのお金を節約しましょう。

なぜなら無駄使いや借金癖のある専業主婦に誰も投資するお金を預けたいとは思わないでしょう。

そのため、まずは節約を徹底していることをアピールする必要があります。

この人にお金を管理させたら安心だなと思わせることが重要です。

そのためには人よりも節約に努力することが大切ですから、普通にエアコンをつけっぱなしにするような失態はやめましょう。

1円でも無駄使いをなくす心意気を見せましょう。

かといって、旦那の食事の量を減らしたり、唯一の楽しみを奪うことはご法度です。

そんなことをすれば、旦那は何のために仕事しているのかわからなくなりますから。

あくまで、ある程度生活レベルを維持したまま、無駄なところを省くことに特化しましょう。

投資の本をひたすら読んで勉強する

専業主婦が旦那を説得するためには、旦那よりも投資の知識を頭に詰め込む必要があります。

なぜなら、お金の管理は完璧になっても投資に関する知識がなければお金を減らすリスクが高まるからです。

お金が増えれば誰でも投資をしますが、減る可能性も忘れてはいけません。

そのリスクときちんと向き合うためには、必ず勉強する必要があるのです。

旦那を説得する前に必ず知識を詰め込んで、どのようにリスクを減らすのかを説明できるようにしましょう。

どんな投資商品があり、そのリスクはどれくらいあるのか?どのようにしてリスクと向き合うのか?

これらをはっきり自分の中で整理してみることです。

旦那に現実を突きつけて優しく説得する

さていよいよ投資ができるように説得する段階に来ました。

ここまでくれば、専業主婦としてはずいぶん立派な知識人となっていることでしょう。

旦那の印象も以前とは変わっているはずです。

もしかしたら、旦那からお金の相談がある人もいるかもしれませんね。

では、説得の手順ですが必ず悪いことから言いましょう。

これは営業のテクニックでもあるのですが、良いことよりも悪いことを先に伝えることが大切です。

簡単に言えば問題点を先に伝えて、改善できることをほのめかすのです。

まずは旦那に「何気なく計算してみたんだけど」と作成したプランを提出しましょう。

「今後のプランでは生活は少し厳しくなる計算だけど、解決策を見つけたしずっと勉強してた」と打ち明けましょう。

詳しくプランの説明も入れながら、どれくらいあれば大丈夫なのかをきちんと納得させるのです。

そのあとは投資が必要になってくること。投資をずっと勉強してた事。を聞かせて、リスクについても十分理解していることを説明しましょう。

絶対に行ってはいけない言葉は「収入が足りない」です。

これを言えば機嫌が悪くなるのは当然ですし、最低だと思います。

「じゃあお前が働けよ」と逆に突かれるので、気を付けましょう。

あくまで「投資をしていない人よりも~」などと統計的な話をするといいかもしれません。

ここまでして、説得できない場合はあきらめてお小遣いの範囲内で投資をすることに切り替えましょう。

投資の成果をちょこちょこ報告して、旦那の気を引く必要が出てきますね。


まとめ

いかがでしたか?

専業主婦の中でも投資を反対される人にはうってつけの技だと思います。

信用を得るにはまずは力を身に着ける必要があるので、いきなり「投資したいからお金使っていい?」と聞くよりも効果的だと思います。

もしできるようになったのであれば、必ず旦那に成果を報告していきましょう。

そうすれば安心して、旦那も応援してくれるはずです。

お小遣いでやる場合も少しづつ興味を持たせるために報告したほうがいいかもしれませんね。

専業主婦が旦那を説得して投資する方法でしたー。

>最強の外国株投資家になるために

最強の外国株投資家になるために

最強の外国株投資家になるために日々奮闘中です!いろいろな情報を載せていきますが、ほかにも情報がありましたらお知らせいただけると助かります。シェアしていただけると幸いです。