投資家・投資初心者の皆さん閲覧ありがとうございます。

資産運用で投資信託を選ぶ際の注意点はこれだ!

資産運用 投資信託

どうもmr.stockです。

近年NISA等の普及により、今まで資産運用をしてこなかった人も投資信託で資産運用を始めることが多くなってきました。

その背景には、将来の生活に対する不安の上昇もあることでしょう。

投資信託は運用をプロに任せることができるため、非常に手軽で一度投資してしまえばあとはほったらかしにできるので初めての資産運用として近年再注目されています。

しかしながら、投資信託であればすべて利益が出るということではなく、そこをはき違えてしまうと資産は目減りしていく可能性は高いといえます。

今回は資産運用として投資信託を始めたい人に向けて、最適な投資信託の選び方や注意点をシェアで切ればと思います。


投資信託のアクティブファンドとインデックスファンドの違いとは?

投資信託とは簡単に言えばプロが客に手数料をもらい、その代わりに資産運用のプロに運用を任せることができるサービスです。

投資信託にはたくさんの種類があり、株式、不動産、債券などが一般的に運用対象として人気があります。

また、これらの投資対象をまんべんなく組み込んだバランス型なども存在します。

投資信託は大きく分けて、アクティブファンドインデックスファンドに分かれます。

アクティブファンドとは、主に日経平均やNYダウ等の指標(インデックス)よりも上回る成績を残すように設計されたファンドです。

日経平均は数ある銘柄から構成されており、そのためどれか一つの分野が足を引っ張る可能性が出てきます。

アクティブファンドでは好成績を残せると判断された銘柄のみに投資されるため、失敗すればインデックスファンドよりも大きな損失が出る反面、銘柄選定の判断が正しく行われていればインデックスファンドを大きく上回る利益を出すことができます。

インデックスファンドは逆に相場全体の指標に連動して値動きする投資信託ですから相場全体が悪くなれば損失が出ますし、相場全体がよくなれば利益が出ます。

資産運用を委託するうえで支払う手数料はアクティブファンドはインデックスファンドよりも高いのが一般的です。

そのため、資産運用で投資信託を利用する場合は手数料も込みでどちらのほうが好成績を残せるかを考えなければなりません。


投資信託を選ぶ際の注意点

では実際に投資信託で資産運用する際の注意点をいくつか挙げていきたいと思います。

初心者の方は特に騙されやすいので、投資信託を選ぶ基準を設ける必要がありますので必見です。

注意点1:アクティブファンドの大半はインデックスファンドに劣る

え?アクティブファンドってインデックスファンドを上回るように設計されているのでは?と思った方はこの事実を知っておくべきです。

投資信託においてアクティブファンドは人気がありますが、アクティブファンドの多くは長い年月で見ればインデックスファンドの成績を下回っています。

いくらプロが厳選しても、失敗は必ず起きるものです。

アクティブファンドだからといってインデックスファンドの成績を超える確証はどこにもありません。

投資信託で資産運用する場合は基本的に長期投資となるでしょうから、一時的に成績のいいアクティブファンドに騙されてはいけません。

必ず長期的な目線で投資信託での投資先を選ぶ必要があります。

資産運用において大事なことは、年間の平均利回りです。

年間の平均利回りをだすためには長い年月継続して運用されている投資信託である必要があります。

そのため、新しいアクティブファンドが出てきてもその成績は一時的なものである可能性が高く、長期的に見てどうなのか?を判断する必要が出てきます。

現在では長い年月で見るとインデックスファンドが多くのアクティブファンドを上回る結果になっていますが、中には長期的に信頼できるアクティブファンドもあるので、そこは投資家であるあなたの判断で決定する必要がありますね。

注意点2:リスクにあったポートフォリオを組む

ポートフォリオを組むとは資産運用においてたくさん出てくるワードですが、これは簡単に言うと投資先の配分を決めることです。

例えば株式のみを運用する投資信託もあれば、不動産と株式を組み合わせて運用する投資信託もあります。

これらはその投資信託のリスクの大きさを表しています。

例えば安全と言われる国債を株式と組み合わせることにより、万が一株が暴落しても、債券の比率が高ければ資産を守ることができます。

しかし反対に株式が上昇相場になったときは本来100%株式に投資していれば儲かっていたはずのお金を取り損なうということになります。

一般的に株式の配分が大きければ大きいほどリスクは大きくなります。

その分パフォーマンスがいい時は大きく儲けることができるのです。

ポートフォリオを組むときは自分のリスク許容度に合ったポートフォリオを組む必要があるのは資産運用の基本ですので、投資信託で資産運用を始める際はどの商品がどれくらいのリスクがあるのか?をよく調べてから投資しましょう。

注意点3:手数料は安ければ安いほどいい?

投資信託で資産運用を始める際に注意してほしいのが、手数料です。

手数料には様々あり、投資信託を購入する際に発生する手数料や、運用を委託する事で発生する手数料などがあります。

この手数料はどの商品もバラバラですので、要確認です。

中には成績はそこそこのくせに手数料がバカ高い投資信託もあるので気を付けましょう。

例えば年間5%の利回りが期待できる投資信託でも、手数料が年間2%かかるのであれば実際の利回りは年間3%になります。

もし、手数料が0.2%で年間利回り4%が期待できる投資信託であれば、年間3.8%の利回りが期待できるのでこちらのほうが利益が出る可能性が高いといえます。

投資信託に限らず、資産運用する場合は必ず予想できる利益からかかる経費を引いて一切の利回りを計算することが大切です。

僕がお勧めしているのはS&PやNYダウに連動するインデックスファンドです。

これらはいい利回りが期待できますし、手数料が格安のものが多いからです。

注意点4:日本の投資先ばかり見てはいけない

よく資産運用初心者が考えることに海外への投資は難しいということがあります。

日本に住んでいるから日本の株式を運用している投資信託を購入する必要はありません。

なぜなら面倒な手続きや運用はファンドが勝手にやってくれますから、海外の株式であっても不動産であってもあなたのやり方が難しくなることはないからです。

現在日本では少子高齢化が進んでいて、投資先として魅力はなくなっています。

そのため、海外株式等にも目を向ける必要があります。

僕が一番お勧めしているのは、やはり米国です。

米国市場は拡大の道をずっと進んでいるので、現在では日本よりも利益を出しやすい傾向があります。

また、少し攻めたいのであればインドやベトナムといった新興国へ投資する事もいいでしょう。

投資信託では多数の国に投資している商品がいっぱいありますから、自分の国に投資せずとも自分が発展しそうだなと思う国に投資する事が大切です。

日本人だからと言って日本ばかりに投資する事はあまりいい選択肢とは言えませんので投資先はよく考えて選びましょう。


まとめ

投資信託で資産運用すればすべて任せることができますが、はじめの選ぶ段階ではあなたの技量が大きくかかわっていることを理解してから資産運用を始めましょう。

せっかく購入したのに後から売却してしまうことがないように、はじめの段階できっちり勉強して投資する事をお勧めします。

資産運用では投資信託に限らず、リスクを考えてポートフォリオを組むこともお忘れなく。

ではよい投資ライフを!

>最強の外国株投資家になるために

最強の外国株投資家になるために

最強の外国株投資家になるために日々奮闘中です!いろいろな情報を載せていきますが、ほかにも情報がありましたらお知らせいただけると助かります。シェアしていただけると幸いです。