投資家・投資初心者の皆さん閲覧ありがとうございます。

定期的に米国株を積み立てて資産を増やせ!

米国株 積み立て投資
mr.stockの外国株投資
mr.stock
いきなりだけど、米国株に投資するなら積立派?いっき買い派?
謎の女
謎の女
私はいっき買い派ね。ちまちま積み立ててもあまり意味がないんじゃない?
mr.stockの外国株投資
mr.stock
どちらが良いかは運用する人次第。しかし、資金が少ない人には積立はすぐに始められる投資なのだよ。
謎の女
謎の女
確かに私みたいに総資産一兆億万円の富豪ならともかく庶民は積立がいいかもしれないわね。
 
 

米国株の運用方法は人によって様々ですが、買い方や買う時期は非常に大切になります。

今回は米国株を積み立て投資するメリットをシェアしていきたいと思います。

少額で始めれて、メリットも多数の積み立て投資

ではまずなぜ米国株なのかというと、過去に何度か記事にしましたが、米国経済の成長は日本株よりも手堅いからです。

成長だけをみるなら他にも新興国株への投資もありますが、現在米国株が一番手頃なので積み立てにおすすめです。

さて、積み立て投資の魅力と言えば、なんといっても少額から投資できることですよね!

少額と聞くと数百円をイメージする人も中にはいますが、投資をするなら最低でも月一万円は投資に回しましょう。

もちろん大きな金額を積み立てることも可能です。

米国株の成長がいいと言っても、たまに暴落がくることは米国株でも同じです。

その際にまとめて大きな金額で投資できれば一番ですが、暴落はそう頻繁には来ないのです。

そのため、資金が少ない内は積み立て投資が一番です。

米国株の積み立て投資は毎月自動で行えるようにサービスも整ってきているので、とても簡単に積み立てすることができます。

積み立て投資のメリットは何も少額で始めれる事だけではありません。

資金がある程度ある人でも積み立て投資の恩恵は沢山あるのです。


時間分散投資のメリット

それでは米国株投資を積み立てで行うことで、どのようなメリットがあるのか説明しましょう。

積み立て投資は資金がある人でも有効な手段である理由はリスク管理が非常にしやすいことです。

リスク管理は株価の乱高下が起きたときに大切さを思い知ることになります。

多くの方は資金があると、一気に投資したがります。

なぜなら手っ取り早く利益が欲しいからです。

中には資金の80%以上を一つの銘柄に集中投資する人もいることでしょう。

集中投資の魅力は当たれば一気に資産を増やすことができる事です。

しかし、保有している時に暴落がくれば一気に資産を減らすことになります。

一般的に株式投資では資産の20%以上を一つの銘柄に投資することは好ましくないと言われているので、80%以上を一つの銘柄に投資するのはかなりリスクの高い投資と言えます。

このようなリスク管理ができていない投資では資産を減らすことのほうが多くなる可能性もあります。

その点、積み立て投資の場合は1つの銘柄に投資する場合でも買う時期を分散することができます。

例えば、1月に1株100円の銘柄を10株購入したとします。この時点での平均取得単価は100円です。

2月に株価が90円まで下落しました。ここでさらに10株買い増ししたとします。この時点での平均取得単価は95円です。

3月に株価が80円まで下落しました。ここでさらに10株買い増しします。この時点で平均取得単価は90円です。

4月に株価が100円まで上昇しました。

時間を分散して投資することで、取得単価を長い年月の平均にすることができます。

もし仮に1月に100円の銘柄を30株まとめて購入していれば、途中で含み損を抱え4月にはとんとんになります。

時間を分散して投資したものは3月の平均取得単価が90円ですから4月には利益を出していることになります。

このように時間を分散することで、同じ株数でも下落に強くなるのです。

逆に上昇局面では利益の面で若干不利になることもありますが、資産を守ることが大切なので積み立て投資は非常に有効な投資法なのです。


ドルコスト平均法で着実に利益を増やせる

ドルコスト平均法はご存知の方が多いかと思いますが、積み立て投資の世界では有名ですので説明させていただきます。

ドルコスト平均法とは簡単に言うと毎月一定の額を投資に回す事で、株価が高値のときに少ない株数を購入し、安値の時に多めの株数を購入することです。

厳密に言えば一定の額での投資になりますから、株価が高いときは勿論買える株数は強制的に少ないはずですよね。

これを続けていくことで、パフォーマンスの向上が見込めるということです。

米国株には2つのリスク要因があります。

一つは株価

もう一つは為替です。

為替は米国株ならではのリスクと言えるでしょう。

1ドル100円の時に円からドルに替えるのと1ドル105円の時に円からドルに替えるのとどちらがお得だと言えますか?

勿論1ドル100円の時に替えた方が5円分お得ですよね。

米国株投資ではドルと円が値動きすれば、株価が変わっていなくても保有中の銘柄の価値が変わることになります。

そういった株価と為替両方のリスクを平均化する積み立て投資は有効な手段と言えるでしょう。

証券会社では金額指定での米国株積み立て投資ができるところも多くなっているので、毎月一定の金額を投資したいという人は米国株積み立てサービスを利用すると良いでしょう。

勿論株数単位の積み立ても可能です。

ちなみに僕が利用しているのはSBI証券です。

このように積み立て投資はリスクの管理がきっちりとできる投資法です。

あることを除いては、、、


地獄の積み立て投資編

米国株の積み立て投資の良さを伝えてきましたが、一つだけ積み立て投資が地獄と化す事があります。

積み立て投資がいいからといって、適当に投資すると地獄に直結します。

その地獄の原因は株価が下落し続けることです。

積み立て投資といっても、株価が下落し続ける銘柄を買ってしまうと積み立て投資が地獄化してしまいます。

そのような場合はリスク管理は全く無意味になってしまいます。

潰れるような企業に投資をし続けると、あなたの資産は塵同然になってしまいますので十分注意してください。

そしてなぜ積み立てするなら米国株なのかを詳しく知りたい方は米国株と日本株の違いを書いた記事のリンクを貼っておくので読んでみてください。


まとめ

米国株積み立て投資についてお話をしましたが、積み立て投資のメリットはリスクの分散がしやすいことですから、リスク管理をしっかりしたい人向けと言えるでしょう。

早く利益がほしい人向きではないので、あくまでコツコツ派の方が積み立てすると良いでしょう。

僕の場合は5つほどの銘柄に積み立て投資しながら、暴落時にまとめて買いまししています。

積み立てといっき買いを合わせるのもおすすめですよ!

>最強の外国株投資家になるために

最強の外国株投資家になるために

最強の外国株投資家になるために日々奮闘中です!いろいろな情報を載せていきますが、ほかにも情報がありましたらお知らせいただけると助かります。シェアしていただけると幸いです。