投資家・投資初心者の皆さん閲覧ありがとうございます。

世界恐慌に打ち勝つ株式投資とは?

どうもmr.stockです。

最近ブログをサボりがちですが、コロナウイルスの影響が本業にも及んでいます。

すでに世界恐慌化しているコロナウイルス問題ですが、企業には様々な影響がでていますね。

世界的に企業の売上は低下し、それに伴い職を失ったり、倒産に追い込まれる企業も少なくありません。

特に日本は決断力のない政策のおかげで、庶民の不安はまだまだ続きそうです。

さて、今回は株式投資家としてこのような世界恐慌を生き抜き、資産を守り増やす術について考えていきましょう。


株式投資は資産が増えねばやる意味はなし!

では株式投資をする意味についてもう一度初心にもどって考えてみましょう。

僕もそうですが、ほとんどの方が株式投資を始めた理由として資産を増やすことが第一であると思います。

しかし、実際は資産を減少させても平気で株式投資を続けている人も少なくありません。

お金大好きな僕からそんな方にメッセージを送ります。

「資産減ってまで株式投資する意味あんの?」

さてさて、これは率直な僕の疑問です。

資産が減ってまで、株式投資する意味が僕には全くわかりません。

初心者の内は勉強代として考えるのは分かります。

しかし、ある程度痛い目を経験したら普通は資産は増える方向に向かいます。

もしあなたが何年も株式投資をしていて、損ばっかりしているなら、それはただのお遊びでしょう。

株式投資は投資ですから、お金が増えないとなんの価値もないという事をもう一度考え直してみましょう。


世界恐慌=損をする!ではない

ではこのような世界恐慌が起きたときに、どのように資産を守っていけば良いのか?儲からない環境で取引しても意味がないのか?という疑問が出てくるかと思います。

結論から言うと、必ずしも世界恐慌=損をする!ではないのです。

僕が推薦する外国株の長期投資は、現在のコロナウイルスによる世界恐慌等が起きても対応できる投資になっています。

なぜなら、歴史的に外国株(特に米国株)は世界的に混乱が起きても、その後にほとんどの場合回復しています。

さらに外国株の中でもこのような状況になっても、生き残りやすい銘柄を厳選することで倒産の危険性をできるだけ回避しています。

なおかつ長期的な保有と買い増しを行うことで、保有する企業の価値を長期的に監視でき、成長機会をのがしません。

そのため、企業価値がもっとも安くなる世界恐慌等では買い増しに対する恐怖心はないのです。

もちろん100%倒産しない企業などありませんから、どれだけ少ない資金でも分散しています。

損をするのが怖い、これより下がったらどうしようと考えている人は、自分の投資スタイルに不満がある人です。

資産を守り、増やすためには常日頃からこのような事態に対応できる投資を行う必要があるのです。


資産を守り、増やすための銘柄選び

では具体的に資産を守り、増やすための銘柄選びについて僕の考えをシェアします。

まずはじめに記事を読んでくれている人は知っていると思いますが、僕はずっと成長できる企業にしか投資しません。

例えば、他社には絶対に負けない技術力と信頼のある企業や、競合他社ができにくい企業等です。

もちろん赤字の企業はいくら新しい事業でも論外です。

これは自分が死ぬまで成長し続ける企業だ!と思える銘柄にしか投資はしません。

ですので、一度買った銘柄は基本的に買い増ししかしないのです。

いくら素晴らしい事業を行う企業であっても、赤字なら意味がありませんし、すぐに競合が現れるような事業に投資をすることもありません。

最低でも10年先の未来を予測するようにしています。

アマゾンのように赤字の企業が特大企業に成長する場合もありますが、それは結果的にそうなっただけ。

黒字になってから、見直しても遅くはありません。

ただし、もともと黒字だけど世界恐慌時に一時的に赤字に転落してしまった企業の場合はどうかというと、ケースバイケースです。

正常時に絶対に黒字転換する確証が得られるサービスや製品を持っていなければ、投資を行いません。

そのためには、需要をしっかり見極める必要がありそうですね。


まとめ

世界恐慌に打ち勝つための投資とは、やはり長期的なスパンで先を読み、価値の下がらない銘柄を選択する必要があります。

長期投資は不況時こそ買うべきであり、利益を得るためには多少のリスクは無視しなければならないのかもしれません。

皆さんも今保有している銘柄のサービスや製品の需要が10年先もあるのかを、もう一度確認してみましょう。

>最強の外国株投資家になるために

最強の外国株投資家になるために

最強の外国株投資家になるために日々奮闘中です!いろいろな情報を載せていきますが、ほかにも情報がありましたらお知らせいただけると助かります。シェアしていただけると幸いです。