投資家・投資初心者の皆さん閲覧ありがとうございます。

得意な分野に投資するのが一番安全!

投資 安全

株式投資で大切なのは

いつ、どの銘柄を、どれくらい買うのか?だとmr.stockは思っています。

一番悩むのはどの銘柄を買うのか?ということではないでしょうか?

僕は自分が興味のある分野や、詳しい分野への投資が一番安全で利益を出せると思っています。

少なくともサービスを受けたり、購入したことのない企業の株を買うのは避けるべきだと思います。

今回は投資する分野の選び方を皆さんにシェアします。


個人がファンドに勝てる唯一の手段は使う事

まず、株式投資の世界に入ったならファンドとやりあう覚悟が必要です。

ファンドは個人と違い、莫大な資金と早い情報を持ち合わせています。

このファンドの餌食になるのを避けるにはファンドよりも先に対処することが大事になります。

そんなことは可能なのか?

もちろん可能です。ファンドよりも先にいい情報や悪い情報を手に入れればいいだけのことです。

それにはたくさんの調査が必要?ではありません。

もちろん自分と関係ない銘柄の取引には調査が必要です。

しかし、個人でファンドを凌ぐ調査が可能でしょうか?

それはかなり難しいでしょう。

よって、わざわざ調査の必要な銘柄の購入をするのは時間がかかりますし、勝てる確率は低いということになります。

ツイッターや、ニュースなどで仕入れた情報は投資には絶対に使ってはいけません。

なぜならそれはみんな読んでいますし、ファンドはニュースよりも前に情報を仕入れて仕込んでいる可能性もあるからです。

株価が上がる順番としては

ファンド→専業→素人

の順に買うことで素人は高値づかみして損をします。

しかし、これが自分が使っている商品やサービスの会社ならどうでしょうか?

あなたはサービスの低下や使い勝手の悪さを実際に使う事でいち早く知って購入や空売りをすることができます。

その場合は

ユーザー→ファンド→専業→素人

という順番で株価は上昇したり下落するでしょう。

そもそも売上に直結するのはユーザーの満足度です。

それをいち早く予測するにはユーザーになれば良いだけの話です。

あなたがサービスに満足しているなら買い、サービスの質が落ちたのを感じたなら手放すか空売りすればよいのです。


満足度が低ければ必ず衰退する

ユーザーの満足度が落ちれば、顧客離れを引き起こします。

当たり前のことですが、サービスの質が落ちればユーザーの満足度は落ちます。

一度離れた顧客を取り戻すことはかなり難しいことでしょう。

例えば僕はゲーム好きなんでゲームで例えますが、僕の場合は元々pcのFPSと呼ばれるシューティングゲームが大好きだったので、RPGは苦手です。

しかしファイナルファンタジーやドラクエを一度プレイしてみましたが、0.01秒を競う早いゲームばかりしていたので、のろい動きがどうしても耐えきれずすぐにクリアすることなく辞めました。

その後、ファイナルファンタジーなどは長い間プレイする気にもなりません。

こういったふうに一度離れた顧客は戻ることは余りないのです。

ゲームの場合はユーザーの属性に左右されますが、もし家電などの商品に不具合が頻発するようならあなたは同じメーカーのものを購入することは少ないでしょう。

特に最近はレビューを見ますから、より顧客満足度の高いものを買うことが多くなってきているでしょう。

こういった自分の満足度の低い銘柄を保有して値上がりを期待するのはご法度です。

あなたが不満に思うことは必ず他の人も同じことを考える人が相応の数いるものです。

しかし、これは使ってみなければ分かりません。

レビューだけではかなり辛口に書く人も多く、正確に判断するのは無理があります。

ですので、銘柄を選ぶ際は必ず自分が実際に利用して満足したものを最優先に購入することを心がけることが、一番最速で一番安全で一番利益がでる確率が高いということになります。


外国株へ投資する場合は特に注意が必要

日本株へ投資する場合は、日本に住んでいればある程度その会社のサービスについて理解し、人気のある商品やサービスであるかが噂や、街を観察すれば情報がはいります。

しかし、外国株へ投資する場合は定期的にその企業のサービスや商品を利用できる環境でなければ、情報の取得が確実に遅れてしまいます。

そのため、外国の企業に投資をする際は特に自分と関わりの深い企業を厳選する必要があります。

しかし、そこまで難しく考える必要はありません。

外国企業でも日本でサービスを提供しているところはたくさんありますし、知らず知らずのうちに使っているサービスが外国企業のものということは多々あります。

そこでまずは、自分が思いつく企業を片っ端から調べてみると良いでしょう。

意外に外国企業が多い場合もありますよ。

>最強の外国株投資家になるために

最強の外国株投資家になるために

最強の外国株投資家になるために日々奮闘中です!いろいろな情報を載せていきますが、ほかにも情報がありましたらお知らせいただけると助かります。シェアしていただけると幸いです。